アメリカでシュタイナー・スクールに通う

シュタイナー教育をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

科学教授法 その3

<どうアプローチするか>

自らの感覚を通して知識を得る(感覚的認知/認識:刺激に対する直接的で基本的な認知)ということが科学に対して現象学的にアプローチをするための前提となります。

そこから全てが始まります。

私たちの考え出すコンセプトは全て、それが科学であれ、日々の生活に関するであれ、必ず最終的には感覚的認知、あるいは、感覚的認知とその他のコンセプトとのコンビネーションでなくてはなりません。最初は、感覚的認知のことを視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚といった私たちが日々使っている基本的な感覚だと考えることが出来ます。やがて、これら以外にも感覚的認知があることを知るようになります。例えば、運動感覚、平衡感覚、思考感覚などです。

世界を理解するにあたりこのようなアプローチを使う基本的な考え方を、シュタイナー教育の創始者であるルドルフ・シュタイナーが彼の著書「自由の哲学」あるいは「魂の指針としての直感的思考」のなかで詳しく説明しています。

これらの本のなかで語られている中心的テーマのひとつが、以下のように概説されています。

新しいことや馴染みのないことを初めて体験するとき、私たちは特定の事項に着目し、そして、自分たちが観察を行っている環境全体からその着目している事項を分けようとします。物事を観察するには本当にいろいろな方法がありますが、実際には一度に観察できる量は限られているからです。ですから、特定の事項にだけ焦点を絞った観察を行い、そして、観察した事項内で関連性や道理などを検討するわけです。着目していないものと着目していないものが存在する環境全体との間にも関連性が浮かび上がってきます。

最初は観察の結果を感覚ベースの知覚で、観察の結果見出した関連性を思考ベースの着想だと考えることが出来ますが、後に知覚と着想との違いがよりクリアに理解できるようになると、思考も知覚を基本としていると理解できるようになります。

理解した内容の関連性を模索しようとする活動は直線的にできたり理論一辺倒で構築できるようなことではないことが、まさしくいま説明したプロセスの魅力的な部分だといえます。

なにかに関して初めてその関連性を見つけようとするとき、そのプロセスに関してしばしば直感が引き合いに出されます。直感とは、一連の知覚事項あるいは他の概念を織り込んだ知覚をまとめることが出来る概念の枠組みに洞察を行うプロセスです。

これはまさに科学者や発明者や芸術家や研究者などにとっての「あぁ、そうだ!」という発見(気付き)の一瞬のことです。

その瞬間で今までに見えなかった新たな関連性が見えるようになり、それがあって初めてそれによって今既にわかっている他のことに適用できるかどうかを見極めることが出来るような理論の構築が出来るというわけです。いろいろある現象の関連性を見つけようとするこのプロセスこそが本当の意味での思考活動といえるのです。

思考とは今既に知られている事実を単に積み上げることではないのです。

ここで、科学を現象学的見地から教える方法と、伝統的な方法で教える場合の一番の大きな違いを説明しましょう。

現象学的な教え方では、教師は生徒に対して現象そのものを経験として味あわせようとします。そして、関連性や道理を自ら見つけ出させようとします。こうすることで本当の意味での思考力つき、思考のキャパ(容量)が増えることになります。考えることが活動そのものとなり、「考える」という動詞になります。つまり、思考が命をもって動き出すのです。

従来の教え方ですと、まず法則や関連性が生徒たちに提示されます。そして、なぜそうなのか、なぜそうなるのかの証明の説明がされます。この方法ですと、生徒たちは自分たちの思考に頼ることなく理論的な主張をただ聞いていればいいのです。現象学的学習法で必要とされる洞察力は必要とされません。

この場合、いろいろあるデータ(法則や関連性)にどうアクセスしどれだけそのデータを集めてくることが出来たかということになり、それが思考ということになります。

今説明した2つの学習法に関して興味深いことは、科学における新しい考え方や発明といわれる殆ど全てのことが、ある人物が意識的あるいは無意識的に現象学的なアプローチをした結果から来ているということです。

科学者が使い古されて既に時代遅れになってしまっているようなコンセプトを何気にいじくっているときに、ある日あるとき突然何か新しいものを見つけるということがありますが、無意識の内にそういうことがしばしばありえるのです。その瞬間、科学者は古く固定された概念を通して課題点を見るといういつものやり方から去り、新しいものに着眼し、なんとかそれに関して意味を成す法則を見つけようとします。

これこそがシュタイナー学校で私たち教師が最終的に生徒たちに学んでもらおうとしている思考の形です。別に生徒たちに将来科学者になってもらおうとしているわけではありません。

科学は私たちにある状況下にどう観察眼を向けどう対応(物事の関連性を見つけ出し概念を形成する)したら良いのかを教えてくれるのです。

生徒たちは科学を通してそういうことを学ぶのです。


(続きます)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。