アメリカでシュタイナー・スクールに通う

シュタイナー教育をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サイエンスを教える。

今学期は、「シュタイナー式サイエンス教授法」の授業をとっています。

先生は、ローレンス先生。シュタイナー学校6年生の先生でもあります。
ミシガン大学で何年か化学を教えていたそうですが、今ではバリバリのシュタイナー教師です。



ローレンス先生の授業は、去年「シュタイナー式数学教授法」をとりました。

一番最初にボソボソと喋って分かりにくい先生やなと感じて、「とるのやめよか...。」とさえ思いましたが、クラスメイトの強い押しで仕方なく継続して授業に出ましたら、なんとも微妙な天然ぶりがお茶目だということに気付き、

「随分、おもろい先生やん!」

ということで、今ではすっかりローレンス先生のファンです。





ということで、これからちょっと「シュタイナーで学ぶ科学」について書きます。

(今日は、これにて御免。仕事で接待です。)






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。