アメリカでシュタイナー・スクールに通う

シュタイナー教育をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何かが、おかしい。

ウチの坊主(13歳)は、日本人補習校にも行っています。

なんだか、ダブルスタンダードでよくないんですけど、土曜日にダラダラしているよりは全然良いと思って。

それに、日常生活の中で日本語を使うことが殆ど無いので、土曜日だけでも日本語や日本の文化にひたってもらいたく…。

まぁ、本人も、

「漢字が全然駄目~。」

とか、

「難しい言葉が出てくると、もう、殆ど宇宙人で、全然意味分からん~。」

などとモンクは言うもの、長い付き合いの友達がいるので、何とか細々と続いています。



さて。


中学部に入ってから、本当に勉強が難しくなってきて、授業は日本語を理解するだけでも大変なことになっています。

それに、シュタイナー学校での学習方法とはまったく別のアプローチの補習校の授業は、彼を混乱の渦に陥れています。

例えば。


科の教科書には、こうあります。

(きれいな図付きで)二酸化マンガンにオキシドールを加えると酸素ができます。

恐らく、学校では、この通り覚えるというのが普通なんでしょう。

「そういうものなんだから」

という理由で。

事実だけを機械的に覚える学習はシュタイナーでのやり方とは全く違うので、ボウズの頭の中には全く残りません。

ましてや、化学物質を日本語で覚えるなんて大変なことです。

「に、に、にさんか まんがん????」

てなことになります。

なんで二酸化マンガンなのか、なんでオキシドールなのか、なんで酸素を発生させたかったか…その辺にまつわる話を物語り調で生徒に語りかけ、生徒同士でディスカッションさせ、じゃあ、自分たちもやってみようか…、というような持って行き方にすると、化学の現象がもっと身近になるんじゃないかと。

「ま、とにかく、こうなってるんだから、とりあえず覚えてよ。」

じゃ、全然面白くないし、全然残らないし。

これじゃ、たまたま理系が好きな人しか、続かんわぁ。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。