アメリカでシュタイナー・スクールに通う

シュタイナー教育をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入学審査 その2

「これからオフィスに戻ってすぐに、メールで必要書類を送るわね。」

そうS女史が言っていたのに、待てど暮らせど何にも送られてきません。

とりあえず2日ほど待ってS女史に連絡を取ってみると、

「ごめんなさいね~、データが全部ブッ飛んじゃって、いま申し込み用紙を一から全部作り直しているところなの~。もう少し待っていてね~。」

ということでした。

待つこと1週間。やっときました。

(1) 個人情報を書くページ

これは、簡単です。自分の名前と、住所と電話番号などを書き入れていくだけです。
鼻歌を歌いながらどんどん記入していきます。

(2) アカデミック・バックグランドを書くページ

これは、学歴を書く場所。
私の場合、日本で行った大学と、アメリカで行った大学院の情報を記入。
ま、これも難なく出来ます。

(3) ワーク・エクスペリエンスを書くページ

これは、職歴を書く場所。
大学卒業してから今までのことを略式で書き入れます。
会社名、会社の所在地、職種、就業期間を書くわけです。
これも、さっさと片付きます。

以上までは、ラクチンに対応できます。

次のページをめくってみますと、

「これ以降は、必要に応じて、追加用紙を自分で用意すること。」

となっています。

これは、アメリカの大学や大学院入試に良くあるエッセー形式の入学申込書です。

「この生徒、ウチの大学でちゃんと勉強するんか?」

という疑問をいろんな角度から聞いてくるわけです。

このシュタイナー・プログラムも同じように、

「この日本人のお姉ちゃん(オバサンやろ!)、ちゃんと英語分かって、プログラムの趣旨理解して、最後までついて来れるんか?」

を試すような質問がされます。

質問1 あなたの生い立ちを用紙1ページにまとめなさい。
質問2 以下の質問に答えなさい。
     (1) なぜこのプログラムに参加しようと決意しましたか。
     (2) このプログラムに参加するに当たって、何か困難だと思われるようなことはありますか。
     (3) このプログラムにあなたがもたらす強み、能力、スキルは何ですか。
     (4) このプログラム中、そして終了後のゴールはなんですか。
     (5) このプログラムを通して何を得ようとしていますか。
     (6) 基礎プログラムを終了した後、応用プログラムに進む計画でいますか。
質問3 今までにシュタイナーに関連するワークショップ、カンフェレンス、レクチャー、コースなどに参加したことはありますか。また、シュタイナーに関する書籍を読んだことはありますか。

たったこれだけの質問です。

申込書パッケージにざっと目を通したときは、

「アー、こんなの簡単、簡単。それに、この前面接のときに行ったようなことをちゃんと文書にすりゃ良いだけだし~。」

とすっかりリラックスしてしまった私ですが、いざコンピューターの前に座って文書にしようとすると、うまく考えをまとめられないんです。

一行書いてはデリート。
考え込む。

よし、これだ!
と思って書き出すものの、なんだか、言いたいことと違う、ということで、また、デリート。

また、考え込む。

じゃ、とりあえず、何でもいいから書き始めて…。
と思って書き始めるものの、やっぱりなんだか違うな~、ということで、また、デリート。

こ~んな事を1週間ぐらいやっていました。

自分のことを書くというのは、本当に骨の折れることです。
書けば書くほど何だか分からなくなってしまって、自分のことなのに、自分のことを失ってしまいます。面接のときはあんなにペラペラしゃべれたのに、なんで書けないの~!と焦るばかりです。

スッタモンダした挙句、やっと完成して、米人の友達に英語チェックをしてもらいました。
この友達は、博士号を持っていて大学で教員もしているので、英語チェックだけでなく内容チェックも厳しくしてくれました。

彼女の指摘をもとに何度か書き直しをして、ヘロヘロになって最終書類をプログラムに提出しました。もう、すっかり、魂を抜かれたようになってしまいました。

数日後に、プログラムの詳細案内が来て、正式に受け入れてもらえることを確認したときは、久しぶりに涙が出ちゃいました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。