アメリカでシュタイナー・スクールに通う

シュタイナー教育をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外国語を学ぶ。

シュタイナーでは、外国語を小学校一年生から学びます。

どの外国語を学ぶかは、個々のシュタイナースクールによって違ってきます。

例えば、オークランド・シュタイナー・スクールの場合、フランス語とドイツ語が必修科目として小学校一年生から始まります。一方、デトロイト・ダウンタウンにあるシュタイナー・スクールでは、スペイン語ともう一つ何か外国語が必須だそうです。あるいは、聞いた話によりますと、アラスカのシュタイナー・スクールでは、ロシア語が外国語の必修になっているとか。カリフォルニアに行くと、日本語が必修のシュタイナー・スクールもあるんだそうで。地域によって、特色らしきものが出ている感じがします。

さて、小学校一年生に外国語をどう教えるかというと。

いきなり、日本人の中学一年生が、This is a pen.とか、She is Lucy.というような具合には始めません。

文法とか読み方とか発音の仕方とかには全く触れず、まず、外国語で歌を歌ったり、ゲームをしたりして外国語の音やニュアンスに慣れる環境を児童に提供します。

決して、「THIS」が「これ」で、「IS」が「です」で、というようないわゆる「訳し方」を教えたりはしません。

シュタイナーの教えでは、

「外国語を学ぶときは、自分たちが子供の頃に母国語を学んだときと同じようにするのが望ましい。」

となっています。

私たちは、母国語を一体どうやって学んだのでしょう。

言語能力的に全く真っ白な状態から、何年かすると周りにいる人たちと意志の疎通ができるようになるわけですが、どうやってそこまでたどりつくんでしょう?

赤ちゃんのとき。

周りにいるおとなたちが一生懸命に喋りかけてくれます。

「は~い、ママですよ~。」とか「お~い、パパですよ~」とか、あるいは、「あ~、おしっこ、しちゃったの~?」とか言うような会話を赤ちゃんたちは毎日毎日耳にします。もちろん返事は出来ません。

しばらくすると、「ま、ま」とか、「ぱ、ぱ」とかいう音が発音できるようになります。

そうすると、周りにいるおとなたちが、もっともっと言語的な働きかけをするようになります。

「ほら~、ゾウさん、大きいね~」

とか、

「あ~、転んじゃったの~?痛いね~」

とか。

私たちおとなが小さな子供に対してこういった働きかけをするときは、必ず「それらしく」表現します。

「ほら~、ゾウさん、おおきいね~」

のように。そうしますと、子供たちは、「ゾウさん」ってのが何で、「大きい」ってのが何なのか少しづつ分かってくるわけです。

かなりヘショリましたが、人間が言語を覚えるのって、こんな感じです。

ですから、小学校一年生の児童に、

「日本語で岩というのを英語ではROCKというんですよ~」

とは教えずに、「岩」というキーワードの入った歌なり詩なりを利用してROCKを岩としてではなく、ROCKをROCKとして身に付かせるというのがシュタイナーの方法です。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。